ゴワゴワ・チクチク毛糸の作品も使えるようにリメイクしよう♪

訪問ありがとうございます。 blogの情報は全て書いた当時の情報です。 現在、新規の生徒さんの募集はしておりません。 お役に立てる情報があればと思い過去の記事はそのまま公開しております。 どうぞよろしくお願いいたします。 2019年12月1日 amneco 追記:今後の活動について【トップページ】更新しました。
♪こんばんは。amneco(アムネコ)のくみんです。

明日からは雨のようなので、今日は作品の写真撮影をしていました。

基礎コース1回目はピンクッションの予定。

裏に革を使っているので、反対側に針が突き出る心配がありません。

゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚

先日友人が見せてくれた手編みのハンドウォーマー。

「なんか、思ったのと違う。。。」と相談してきました。

とてもきれいに編めているのですが、見た感じも触った感じもちょっとゴワゴワ。

本人も「もっとふわふわにしたかったのに。これじゃつけられない」とのこと。

100均のウールなどゴワゴワチクチクした毛糸で身につけるものを編んでしまって、いざ使う時になって素材の悪さに気づく。

そんな経験ありませんか?

または市販のマフラーのデザインが気に入って買ったけれど、チクチクして使えないなど。

ニットとボア

そんな時の対処法として、いらなくなったTシャツが役に立ちます。

勿論売っているニットの布地でもOKです。

肌に触れる面(表から見えない部分)に縫い付けてしまいましょう。

邪道ですが、折角編んだ物や買ったものを使えないよりは使い心地を優先させましょう。

Tシャツの代わりにボアを縫うのもおすすめです。

↑<ネックウォーマー ボア 編み物 >で画像検索した結果↑

その際編み目から布地が透ける可能性があるので、布は同系色が良いと思います。

新しく編むのも勿論楽しいですが、作ったものを使うこと、使い続けることにも気を配ると

気に入ったものを長く使えるので、リメイクおすすめですよ♪

amnecoはあなたのチャレンジを応援します

SNSフォローしていただけたら嬉しいです。
twitter@amneco_2015
Instagramamneco2015
Facebookamneco
amnecoLINE公式友だち追加
YouTubeamnecoチャンネル

Follow me!

 

Twitter でamnecoをフォローしよう!