沢山モチーフを編むときの3つのポイント

こんばんは。amnecoです。

今日は日差しが強くて、作業部屋に暫くこもっていたら軽い熱中症のような症状が出て焦りました。

そんな時期なのですね。今はすっかり元気ですが、みなさんもお気をつけください。

 

゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚

 

先日の「グラニースクエアの魅力」の記事を書いたからではありませんが、今試しに作っている帽子のサイドはグラニースクエアにしようと何枚も編んでいます。

DAISOのペーパーヤーンで編んでみているのですが、思いの外太い。

前回編んだ手芸屋さんのペーパーヤーンは6号で編みましたが今回は9号でも中々安定せず。

しかし可愛い感じになってきたので続行しています。

 

そこで思い出したことがあったので、モチーフ編みのコツを書きたいと思います。

分かりやすいようにココではグラニースクエアのモチーフを使って説明しますが、他のモチーフでも沢山のモチーフを最後につなぎ合わせる場合応用できますので参考になさってください。

 

 

①1枚ずつ完成させず段毎(色変え毎)に完成させる。

沢山のモチーフをつなぎ合わせる作品では、1枚を完成させて次のモチーフを編むのではなく、

例えば上の写真のモチーフを20枚編む場合

赤で編む段を20枚編み、紺の段を20枚数編み付け、最後に20枚全てのモチーフの白の段を編む。

2,3枚程度ならあまり効果はないかもしれませんが、沢山同じモチーフを編むと最初に編んだものと最後に編んだ物の大きさにバラつきが出やすくなりますので、その対策でこういう方法があります。

 

②糸始末をしながら編む

モチーフ編みの糸始末は結構大変な作業です。20枚のモチーフを3色で編めば60本の糸を処理しないといけなくなります。これが地味にツライんですよね。

糸処理をしながら編むと最後の20本だけなので、頑張れそうだと思いませんか?

もちろんつなぎ方を工夫すれば20本も糸始末をしながら繋げますが、デザインに影響が出てくるのでよく吟味してみだください。

 

③モチーフを繋ぐ前にアイロンをかける

モチーフを繋いでからアイロンをかけると、大きい作品ほど大変な作業になります。

1枚1枚丁寧にスチームアイロンをかけましょう。

 

 

以上3つ、とても基本的なことですが自己流で綺麗に仕上がらない場合は試してみてくださいね。

出店イベントのお知らせ

手づくり広場わいわい! vol.7

日時:2017年6月4日(日)11:00~16:00

場所:町田駅徒歩5分 中央通り沿い ぽっぽ町田

ワークショップ内容:印鑑ケースサイズの編みがま口

費用:1500円

道具は貸し出しますので手ぶらで来てください。

☆イベント詳細記事はこちらをクリック☆

SNSフォローしていただけたら嬉しいです。
twitter@amneco_2015
Instagramamneco_2015
Facebookamneco
amnecoLINE公式友だち追加
YouTubeamnecoチャンネル
minneamneco's Gallery

 

Follow me!

 

Twitter でamnecoをフォローしよう!


前の記事

ワークショップのお知らせ